FC2ブログ

** minamism! **

中西みなみのつれづれ日記。どーでもいいことからどーでもいいことまでを気ままに更新します。

byなかにしみなみ
  • Comment:1

『遮光器土偶デス・エクソダスVS夜明けの令和』を振り返る

またもご無沙汰してしまいました…なかにしでございます。
月日が経つのは本ッ当に早いもので。7月?7月になったの?もう下半期突入じゃん!!

そんな中、今年の上半期ラストに出演した舞台のお話をしますよ。おっっっっそ…。


駄目なたすいち『遮光器土偶デス・エクソダスvs夜明けの令和』

マジで今更のご挨拶になって申し訳ないのですが…。
ご来場くださったみなさま、応援してくださったみなさま、
支えてくださったスタッフのみなさま、ともに戦い抜いた共演者のみなさま、
そして演出家の目崎さんと、脚本家の山岡さん。
とてもとても、ありがとうございました。心より感謝いたします!!


先ほど載せたお写真と、こちらの画像は令和編の平目役・村松ママンスキーさんが編集されたものです。
フライヤー風画像は、公演前は稽古中のお写真を並べたものだったのに
公演が始まったら劇中写真へ更新されたのです~。仕事がお早かった…!
あ、劇場でのお写真を撮ってくださったのは奥山郁さん!素敵なお写真をありがとうございます!!

死ぬほどコメディ向いていないわたしが、この作品に出て、
なんとか千秋楽まで終えることができたのは奇跡だったと思っております。
というのも。すごく変な話で、話したところで理解されないことの方が多いんですけれど、
わたし、とても恥ずかしがり屋なのですよね。笑われることをするって、恥ずかしい。
だから、あの、本当はそんなに目立ちたくないんです。特にコメディ作品については。

…ね、変な話でしょう?(笑
(ちなみに剣持教授役の布施友哉さんはわかってくださいました。仲間…!)

あとわたしの場合、悪目立ちが怖いってのがあるんですよね、たぶん。
超小心者だからさ…なんで演劇やっているんだろうっていうのは、常に思っています。
…まぁ、この話はひとまず置いておこう。今に始まった話じゃないし/(^o^)\

今回の作品、観てくださった方ならわかると思うのですが、本当にどのキャラも濃くて。
普段、舞台を観てて「あの役はいらないなぁ…」って思ってしまう作品って、
ぶっちゃけ結構あったりしちゃう気がするのですが、今回は…いかがでしたか?
それぞれにちゃんと存在感があったのではないでしょうか??


もうさ、出てくるキャラクターもそうなんですけど、役者陣が…みなさん個性的すぎて……!
これまでいろんな舞台に関わらせていただいてきたつもりなのですが、
こんなにも出演者の個性が強い現場、あまりなかったなぁと。
もちろんこれまでの現場でも、ピンポイントでこの人、個性すげぇな!って方は
何人もいらっしゃいましたけど、今回は出演者ほぼ全員、
それこそわたし以外みんな!個性がまぁ強くて。
この人たち、なんでこんなに面白いことできるんだろうってお稽古観ながらずっと思っていました。
それと同時に、なんでわたしこの座組におるんやろ…とも思っていました。
いや、目立ちたくはないんですけどね。空気すぎるのも、役者としてどうなの?ってなるじゃない??
圧倒的に勝てない…こんな個性的な人たちの中でどうすりゃいいんだ……って、ちょっと病みました。
左目の下あたりが痙攣して止まらない時期もありました。これは、みんなには内緒だよ。(笑

お稽古の段階(脚本が完本する前)では、正直わたしが演じていたジュンが
いちばん空気キャラだと思っておりました。前述のとおり、わたしそんな面白いことできないし。
そして打ち上げで脚本家の山岡さんが仰っていたのですが「ジュンはモブになる予定もあった」のです。
そんな三上ジュンは、わたしにとっては良い塩梅なポジション…になるはずだったのですが。


気付いたら伝説の剣・天叢雲ソードを抜いておりました。

なぜだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!
(初めてあのシーンの台本を読んだときのなかにしの気持ち)

はぁぁ!?ウソでしょ!?なんで!?!?ってなりました。
天叢雲ソードを抜いたシーンに「えぇ~ 目立つ~」というセリフがあったのですが、
あのセリフはジュンのものでもあるし、なかにしのものでもありました。(笑

 
今回のお衣装、こんな感じでございました。
(このお写真は販売されていたブロマイドのサンプルです。)
着こなせていた…のかなぁ。未だに不安なところ。まさかこんなに露出が多いとは…ひぇぇ。
台本には「ジュンは木の枝を持っている」なんてどこにも書いていなかったのに、
目崎さんの「なんか、枝とか振り回してたら良くない?」というご意見で小道具が決まりました。
どこからそんな発想が出てくるのよ…本当すげぇな。
ブロマイド、お持ち帰りくださった方…いるのかな?いたら、ありがとうございます!!
うちの両親が「ブロマイド買えばよかったねぇ」って家に帰ってから言っていたので、
おおおーい!!ってなりました。ブロマイドなんて今まで興味なかったはずなのに。初めて言われたわ。

たすいちさんのお衣装担当といえば永渕沙弥さんこと、サディさん。
毎回公演後に出演者の衣装紹介をTwitterでされていることは知っていたし、
それを見て毎回「センスがあるって素晴らしい」って思っていたので、
今回サディさんが選んでくださったお衣装を着れたことが、実はこっそり嬉しかったです。

今回の駄目たす衣装紹介、ついに本日されたようですね!
https://twitter.com/dametasu2019←こちらのアカウントでツイートされています(*^^*)


結果的に、結局ジュンがいちばん空気だったかもしれないし、そんなことないかもしれないし、
それはお客さまの感じ方にもよるでしょうからなんとも言えないのですが。
観劇してくださった方の記憶の中に、三上ジュンというキャラがいた!と残ってくれていたら、
わたしはこの上なく嬉しいです。最悪、光の戦士でもいいです!(笑

改めて思い返してみると、山岡さんと目崎さんってすげぇなって思いました。
山岡さんの脚本作品ってわたしはこの作品が初めてで、今まで観たこともなかったのですが、
あんなに意味わからないけど面白いものが書ける方がいるんだなぁって。
……あー、えっと、褒めています。(笑
そしてその意味わからない台本(笑)を演出家としてしっかりと立ち上げてくださった目崎さん。
山岡さんって、駄目たすにおいては目崎さんを困らせるような脚本を書いているそうなのですが、
いや、確かに困らせていたのだけれど。でも目崎さんはなんとかしてしまうんだよなぁ。おそろしい…。

山岡さん、これで脚本を書くのは最後かもしれないらしいですね?
んー…なんだろ。うまく言えないんですけど。
面白いものを書く才能をお持ちなのに。それでも、最後になるかもしれない現状なのだなぁ。
もったいない!と言ってしまえば、もちろんそうなのだけれど。たぶんそれだけじゃなくて。
……ダメだな。うまく言えないや。
とりあえず山岡さんはわたしのこと「パパ活してそう」って思うのやめてください。してねぇわ。(笑

公演前にもちらほら言っていたのですが、今回の作品は好みが分かれるだろうなぁって思っていました。
実際、観に来てくれた知人には「面白かった!」って人も「合わなかった!」って人もおられました。
なんでもそうだとは思うんだけど、やっぱ万人受けするものってないんだなぁ。
そりゃそうだよね。わたしカレーが苦手なんですけど、カレー好きな人の方が圧倒的に多いもんね!(?

これは駄目たすに限らず、他の作品に出ているときも思っていることだけど…
わたしは今回の作品、面白いって思っていたし、自分が出ていないところは笑いながら観ていたし、
なんなら舞台上に出ているときも笑わないように必死だったところもありました。
でもわたしが感じていたあの面白さって、もしわたしがこの作品に何も関係ない
普通のお客さんとして観劇していた場合、同じくらいの面白さを感じていたんだろうか?
…って、ちょっと考えてしまうのでした。なんか、これもうまいこと言えないんだけれど…。
そしてこれについては答えは出ていません。だって、わたし出演していたんだもの。しゃーなし。
座組全員、面白いものを作ろうっていう気持ちでいたのは間違いないんですけれどね。

「面白い」って、難しい。そう思ったのでした。

ちなみに「舞台上に出ているときも笑わないように必死だったところ」というのを一部紹介するならば、
『遮光器土偶デス・エクソダス』の序盤、島ノ内剛役・中田暁良さんのヌーディスト演説のくだりです。
彼が近づいてくるのは…まぁ、まだ耐えられたのですが。
六道カゲチヨ役のサディさんが出てきて、日替わりランダムで男性陣の誰かを叩くところがありまして。
あのシーンで島ノ内トキオ役・大平智之さんが叩かれたときに中田さんが「トキオ…!」って言うのが
マジで笑いそうで…!基本的に正面を見ているシーンなので、わたしには見えていないんですけどね。
パパめっちゃ心配してるやん…!って思ったら、もう。(笑

他にもこっそり舌を噛みながら笑うのを我慢していたシーンがちらほらありました。
「絶対に笑ってはいけない縄文時代」と誰かが仰っていましたが、まさにそれでした。

 
このお写真、令和編・アリス役のたなべさんが描いてくれたイラストに沿って撮ったものなのですが、
そのイラストをプリントしたTシャツを、山岡さんが全員分プレゼントしてくださったのです…!
たなべさんはこれをTシャツにするために、明け方までかかって描きなおしてくださったらしい…!
公演期間中なのに…ええ子すぎるやん……!!!
あのサプライズはすごかった!とてもうれしかった!!だって、わたしもいるんだよ!?(笑

改めて、とても楽しい座組でした。この座組にわたしが入れたことはラッキーでしかありませんでした。
たすいちさんの『FIRE LIGHT』を観劇していなかったら、多分わたしは駄目たすに出られていません。
さおさん、ありがとう。物販コーナー前で一緒に騒いでくれて。
(そこで目崎さんに見つかって、お声をかけてくださったのです!)
こっそり前々からたすいちさんの舞台は出てみたい!って思っていたけれど、
まさか駄目たすにお誘いいただくとは思っていませんでした。
(ちなみに『魔族会議』と『FIRE LIGHT』がわたしの中でとても良い勝負をしています。好き。)

『FIRE LIGHT』での中田さん、素敵だなと思っていたのに…なぜヌーディストなのよ……!(笑

一方的に存じ上げている方が半数くらいいらしたので、
顔合わせの時は有名人がたくさんいるような気分だったことを覚えています。緊張したなぁ。


あと顔合わせ後の親睦会と公演後の打ち上げに竹内なつきがちゃっかり来ていたのですが、
ナチュラルに存在しすぎていて、さすがたすいち常連組だなと思いました。
あいつ~なんで今回出てなかったんだよぉ!!一緒にやりたかったよぉ!!!

今回、マジでたくさん困らせられました。だって、ほんと、意味わかんないんだもん。(笑
目崎さんを始め、いろんな方に言われました。

「みなみさんが困っているのを見るのが好き。」

…なんでやねん。もうこの言葉しか、ねぇ。(笑


そんなわけで。ずいぶんと長くなってしまったけれど、
なかにし的、駄目たす振り返りでした。
ほぼ縄文編の話しかできてないし、余計な話も随分混じってしまったけれど。あと、なげぇ。
ご覧の通り、語彙力がないのよねぇ。ちゃんと自分の考え…みたいなものを表現する力がない。こまる。

次回の出演予定は、まだありません。
もしかしたら年内の出演舞台はこれで最後…って可能性すらあります。
こればかりは、ご縁ですしね。
またしばらく、のんびりカフェ店員しながらたまに声優のお仕事するって感じかなぁ。
Twitterのプロフィールにはしれっと書いてあるのですが、caffè robbiaという喫茶店で働いています。
今までブログでは触れていなかったかもしれない…いずれ、これについても書こうかな。

…そういえば公演期間中のいつだったか、令和編・田村崎役の柴田淳さんが、
「演劇は恥ずかしいものなんだよ!」って言ってたっけ。
…なんでわたし、舞台で演劇やっているのだろう。セリフ覚え悪いし、面白いことできないし!
向いてないのをわかっていながら、辞められない。演劇って、不思議よなぁ。
あ、いつも応援してくださる方がいるから辞められないってのは、あります。めっちゃあります!!
いつも!ありがとうございます!!好きです!!!(笑
ちなみに小劇場の舞台で演劇を始めて、来年で10年目らしい。10年なんてあっという間ねー!
byなかにしみなみ
  • Comment:0

駄目なたすいち『遮光器土偶デス・エクソダスVS夜明けの令和』

なんだかすごく久しぶりに、なかにし舞台出演のお知らせでございます!
前回の舞台出演は…去年の11月以来ですか。
ひえぇ、台本どうやって覚えるのかもう忘れました!(笑

駄目なたすいちさん、初めまして!でございます。
たすいちさんの公演は何度か観たことあるし、主宰の目崎さんはあまみゅの『TOY!TOY!TOY!』で
一度お世話になっているのです。ここにきて、まさかのご縁!

わたくし、割と真面目な役を振られることが多いので、
今回の作品ではまず、わたしのできる役があるのかが心配なところであります。(笑
しかもよぉ、わたしって人見知りしちゃうじゃん?(知らん
初めましてがたくさんな現場は、なっかなか慣れないのですよねぇぇぇ。

というわけで。何気に今年初の舞台出演です。
…あっ、よく考えたら令和初舞台ですね!!わぁ。令和もよろしくお願いしまーす!(笑
正直なところ、今年あと何本舞台出演があるかは謎でして…
これで今年最後って可能性も、なきにしもあらず。わかんないけどね!
よろしければ是非観に来てやってくださいな。がんばるから!当たり前だけど!!

******************************

駄目なたすいち
『遮光器土偶デス・エクソダスVS夜明けの令和』
令和元年6月19日(水)~23日(日)@下北沢Geki地下Liberty

2014年「超世界終末譚ギャギャギャギャラクティックデストロイ」、
2016年「ギロチン伯爵と七つの秘宝」にて好評を博した、
駄目なダーウィン舎脚本家・山岡太郎と、たすいち演出家・目崎剛による最強タッグ第3弾!

≪STORY≫
【遮光器土偶デス・エクソダス】
「ぼくは君のためならば、この土器をいますぐ割ってもいい」

紀元前10世紀。
都立弥生が丘高校に通う普通の縄文男子のトウゴと少し普通じゃない弥生女子のミトリ。
殉葬に指名された彼女を救うため、
トウゴは縄文時代を捨て、弥生時代を生きることを決める。

【夜明けの令和】
「元号決定民間人会議」は形だけの会議、のはずだった。

官房長官の死、平成解放戦線、毒入りのサンドイッチ。
「新元号の候補は、もうありません」
高級官僚はぼくたちにそう告げた。
4月1日未明、平成の終わりに、終わらない会議が幕をあける。

※本公演は【遮光器土偶デス・エクソダス】と【夜明けの令和】の二作品同時上演となります。

≪CAST≫
大平智之
加藤和子
菊池泰生
北川理恵(オフィス・エイツー)
小太刀賢 (たすいち)
白井肉丸(たすいち)
柴田淳
須藤大輔
田邉美保
坪和あさ美
中田暁良(たすいち)
中西みなみ
中野亜美
中村桃子(たすいち)
永渕沙弥(たすいち)
二宮咲(ガソリーナ)
林弦太 a.k.a.鈍色刃(birdh93)
布施知哉(劇団藤一色)
星澤美緒
細田こはる
村松ママンスキー(劇団鋼鉄村松/朗読楽団おとぎ日和)

≪STAFF≫
脚本・山岡太郎(駄目なダーウィン舎)
演出・目崎剛(たすいち)

≪SCHEDULE≫
令和元年6月
19日(水)19:30
20日(木)14:00/19:30
21日(金)14:00/19:30
22日(土)14:00/19:30
23日(日)13:00/18:00

≪TICKETS≫
一般/ご予約3,500円・当日3,700円
25歳以下/ご予約3,000円・当日3,200円
18歳以下/2,500円(ご予約・当日共)
※割引ご適用のお客様は当日、受付にて年齢が確認できるものをご提示頂きます。

中西みなみ扱い予約URL:http://ticket.corich.jp/apply/99796/011/
※Twitterなどで直接ご連絡くださるのも大歓迎です\( 'ω')/喜んで承ります!

≪ACCESS≫
下北沢Geki地下Liberty
小田急線・京王井の頭線 下北沢駅から徒歩約1分
(〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-11-3 イサミヤビルB1F)

******************************

先日の稽古で目崎さんに言われました。「みなみさんの無駄遣いをしたい」と。
果たしてなかにしの運命やいかに…!?(笑
byなかにしみなみ
  • Comment:0

6月、舞台に出るらしいというお話。

気付けば4月も半ば。新年度始まったのね。なかにしでございます。
新しい生活が始まった方もいらっしゃるのかな。わたしはというと、なーんも変わりなく。
新しい元号も発表されてね。令和、ですか。
Rかぁ。わたしはKが来るんじゃないかとこっそり予想していたのに。
…それよりこのパソコン、なかなかやりおるな。令和って、始めて入力したのにもう一発変換できるのか!

2019年度も何卒よろしくお願いしたい所存。ほんとうに。

去年の11月の舞台が終わってからだいぶのんびりしていたのですが、
おかげさまで今年1本目の出演舞台、決まりましてね。4月の頭に情報解禁となりました。

6月19日から23日まで、下北沢のGeki地下Libertyに出現いたします。
初めて参加させていただきます、駄目なたすいちさん。
『遮光器土偶デス・エクソダスVS夜明けの令和』というタイトルだそうで。
キャストやら一部スタッフさんは【こちらのページ】で公開になっております。
一方的に知ってる方、過去に共演したことがある方、お名前すら初めましてな方…ごちゃまぜ。
個人的な印象といたしましては『苗字が「中」で始まる人、多いなぁ。』って感じです。
とてもどうでもいいですね/(^o^)\
あと「デス・エクソダスって、なんなんだろう。」と。これについては台本を読むまで謎でしょうな。

どうやら『遮光器土偶デス・エクソダス』と『夜明けの令和』という2本立てだそうで。
1公演で2作品楽しめる構成となっているそうです。わー、わくわくするー!
どちらの作品に出るかとか、チケットの予約がいつからとか、まだわからないのですが、
公演をやることは決定しておりますので、頭の片隅に置いておいていただければ嬉しいかなぁなんて。

そういえば、まるっと5年ぶりに細田こはるちゃんとご一緒なのです。
もしかしたら別班になってしまうかもだけど。
やー、彼女、今や大人気で大忙しじゃないですか。いつも何かしらの稽古をしているイメージある。
そんなこはるちゃんですが、わたしが前回ご一緒したときが初舞台だったのですよ。


こちらが初舞台時のこはるちゃん。かわいい!すき!!!
っていうか、5年前と全然変わんねぇな!?!?


ちなみにこの時の公演はたすいちさんにも何度か出演経験がある、
こわっぱちゃん家の瀧くんともご一緒でした。彼も全然変わらないが、このお写真…遠いね。(笑

良いお写真がなかったので割愛しますけど、
ガソリーナの二宮みっちゃんとも4年半振りにご一緒でございます。
あの子、すげぇいい子だしとてもおもしろいよねー。(ざっくり!

そんなこんなで、まだ始動しておりませんがなかなかに楽しみな感じでございます。
下北沢での公演って個人的に初めてなので、そのあたりも嬉しいなぁと思っておりますよん。
byなかにしみなみ
  • Comment:0

美容室ジプシーと観劇したおはなし。

少し前の話ですけど、美容室に行きました。なかにしでございます。
わたしねー、美容室ジプシーなんですよねぇ。お気に入りの美容室が見つからない。
やっと「あっ、ここいいかも!」という美容室に巡りあえたと思って次もまた行ってみたら
まさかの大ハズレだったりして。

オマエにはもう二度と、わたしの髪を触らせることはないだろう。(ゴゴゴゴゴゴ…

…みたいなね。(笑
結果、傷みまくっている毛先を切ることなくその美容室を後にしたのでした。
自分に合う美容室に巡りあえない運命なんだ、きっと。
あとこの前30cm超えの白髪を見つけてしまって、キミの生命力ヤバない!?ってなりました。

…いや、えーと、違うんです。今日はそんなことを書き連ねに来たわけではなくて。

久しぶりに小劇場、というかギャラリー?で良いお芝居を見た!という話をしたいのでございます。
おにぎり、ください『山の中、みたらし』…どっちが団体名でどっちが作品タイトル??ってなりかねない!
正直言うとわたし、作品を観るまでどっちがどっちだったか覚えられてなかった/(^o^)\
「おにぎり、ください」が団体名で、『山の中、みたらし』が作品名ね。
3月16日から18日までRAFTでやっていらしたのです。
RAFTといえば、わたしも昨年5月のAURYN公演にてお世話になった会場でございます。
ご出演は、それこそAURYNで死ぬほどお世話になったななせさんこと窪寺奈々瀬さんと、
劇団肋骨蜜柑同好会のフジタタイセイさん。
AURYNでご一緒した森かなみさんが、5月の公演後にメンバーとなった劇団の主宰さんです。
このお2人、共演10回目なんですって。それを記念して(?)2人芝居公演をやることになったそうな。

で、肝心の感想なのですが。

良かった。とても良かったのです。だからこうして、わたしにしては珍しくブログに綴りにきているわけで。
久しぶりに何も考えず最初から最後まで素直に楽しめる作品だったなぁと。
一応わたしもお芝居をかじっているので、かじっているからこそ
素直に楽しめなかった作品もあったりするのです。
芝居関係者あるあるだとわたしは思っているのですが、
純粋なお客さん目線で観れないというか、なんというか…。
そんなわたしでも、楽しめた。悪い意味で気になるポイントとか、わたし的にはなかった。
強いて、強いて言えば…ピンク系のアイシャドウって難しいなぁって思ったくらいです。(笑
そんなことしか挙げられないくらい何も気にせず作品に集中できたなぁと。

派手な作品ではないし、演者2人(厳密にいえば4人だったけど…!)だし、
お席もたぶん20席くらい?だった気がするんですけど、
きっと小劇場観劇入門には持ってこいなんじゃないかなぁ。
わたしが観たのは最終公演でほぼ満席に近い状態だっと記憶しているのですが、
他の公演はどうだったんだろう?そして小劇場あるあるですけど、
客席もお芝居関係者っぽい方が多かった気がするんだよなぁ。自分も然りですが。
個人的には、まだ小劇場でお芝居を見たことがないお客さまに観てほしい作品だと感じたのです。

…って言ってもね。
そういうお客さまをどうやって集客するかは、小劇場界全体の未解決問題だと思っていますが。
関係者ばっかり呼んでもね、それじゃ身内で回しているだけですから。
小劇場って、コミュニティが狭すぎるのよ…。

最後は話が逸れましたが、そんなことを思った公演でした。お二人ともお疲れさまでした!!


タイミングよく、みたらし団子を食す機会がありましたのでお写真置いておきます。(笑
あと、ニカラグアってどこよ!!!(正解:中米)(軽く調べたところ、治安がよろしくないらしい)
byなかにしみなみ
  • Comment:0

オチのない毛穴の話

わたしのブログが更新されていることに気が付いた友人から
「なぜTwitter連携を切ったのか」を聞かれたのですが、なんてことはありません。

恥ずかしさと気まずさから、です。(笑

LINE返すの遅かったり、なんなら返事すらできてない時もあるのにツイートってなんやねん!
…って思われてるような気がして。大っ変小心者でございます。なかにしです。

なのにブログ更新してるって更になんやねん!!って話なんですけどね。
それは…あの……すまん!!
マジ、その、すまんとしか言えない…。ブログが更新したいお年頃ということにしておかないか…?

そんなわけで。
ブログの更新頻度を上げるためにも、最近はテーマを思いついたらメモしているのですが、
先ほど満を持して、そのメモを活用しようと開いたら「毛穴のはなししてる」ってあって。

誰がだよ。

…ってなった次第です。いや、もちろんメモしたのはわたしなのですが。
正しくは「毛穴が気になる話」です。いやどっちにしろなんなんだ!!って思ったでしょう?
わたしも思いました。
お芝居関連の話がないからって毛穴の話ってなんだよな。我ながらセンスのない感性…。

なんで毛穴が気になりだしたかと言いますと。
実はこの前、さおさん(野中紗織さん)と一緒にご飯&お茶に行きましてね。
さおさんと!
いつもながら楽しい時間を過ごしたわけなのですが、ふとね、気づいたわけです。

さおさん、お肌がとてもお綺麗!

もちろんお化粧していたとは思うんですけど、お肌がね、ぱっと見No毛穴だったわけですよ。
対するわたくし、おうち帰って鏡を見たらまーーーきったない顔をしていて!!お化粧もヨレヨレで!
こりゃいかんと思ったわけです。一応これでもお芝居かじって人前に立つことをしている身ですしね。
年齢もそこそこに重ねてきておりますので、ここらで何か対策が必要なのではないかと。

で、次の日からいろいろ試し始めたのでございます。パックとか、毛穴対策に特化した洗顔とか。
やっぱ、やると違うね。ここ最近お肌もちもちだよ。(笑
お化粧乗りがよくなった気がするし。毛穴もちょっとだけ目立たなくなった…気がする。
これがいつまで実践できるかはわかりませんが(今までより時間かかるし)なるべく続けたいなぁ。
あとね、シミね。これ消えたら最高なんだけどなー。わたしの場合、昔からそばかすもあるのですが。
これってどうにかなるものなのかしら?キミエホワイトか??(笑

…というわけで、たいしてオチがない話でした/(^o^)\すみません

せっかくですから、ちょっとだけお仕事のお話も。
今月のいつだったかに放送されていた「世界一受けたい授業」の再現VTR的なヤツに
さりげなく映り込んでおりました。そうです、珍しく映像のお仕事でございました。
恥ずかしいから事後報告。慣れない映像仕事でしたが、楽しくやらせていただきました♪
でも、やっぱりわたしは声優仕事の方が好きかもなぁなんてことも思いました。

だって、顔が映るって、やばくない?(笑

わたしの場合、これまでマイク前でのお仕事が多かったのでね。
いやぁ…カメラって何。(カメラはカメラです
貴重な経験をさせていただきました。ありがたや~。
byなかにしみなみ
  • Comment:0

妹の舞台を観劇したおはなし

こんにちは。なかにしでございます。ブログ、更新しにきました。(わざわざ言うw

昨年10月にプラスマイナスゼロさんの公演に出演して以来、
舞台活動は休憩中なわたくしであります。
12月1月は別件でパタパタしていた時期もありましたが、今は比較的のんびりです。

のんびりって、素晴らしい。(笑

そんな中、今月3日にある舞台を観劇いたしました。
鎌倉芸術館の大ホールにて、ミュージカル『Beautiful Life2 でこぼこ★ピース』でございます。
わたしの妹であるののかさんがね、まさかの初舞台でして。

っていうか、初舞台でキャパ1500人の大ホールってやばない?!

姉であるわたしがこれまで好き勝手に舞台やってきたのを彼女はずっと観ていたわけですが、
実はずっとやりたかったんです、ののかさんも。
彼女は普段、普通の会社員ですから稽古に行けない日もあったようなのですが、
ふたを開けてみたら普通にセリフ喋ってるし、なんならソロパートもいただいておりました。
しかも普通に上手い。は?おいおい、マジかよ。どないなっとんねん。
なんだろ…姉としてとても嬉しいけど、どこか悔しいというか。複雑ですね!(笑

実は去年くらいからののかさんと「なにか一緒にやりたい」みたいな話を漠然とですがしておりまして。
そんなに集客はできないと思うけど(笑)姉妹公演、やりたいんですよねぇ。
もちろんわたしらだけの力ではできないことなので、すぐには実現できないんですけど。
ののかさんの公演を観て、俄然やりたくなってしまった姉なのでした。


ののかさん本人の感想がフェイスブックにあったので、張り付けておきます。
そうそう、わたしが以前2回ほど共演させていただいた「すーさん」こと、
風雲かぼちゃの馬車の須佐光昭さんにお声かけていただいたのが始まりなのでした。
演出助手ですーさんが関わっていらしてね。
まさか本当にののかさんがやるとは思ってなかったところもありましたが。いやぁ、良かった!!(笑


ちょいとお写真暗いけど…。
いやぁ、楽しそうでなによりでした!ののかさんお疲れねー(^∇^)ノ
byなかにしみなみ
  • Comment:0

久しぶりすぎてドン引き

大ッ変ご無沙汰しております。なかにしです。
ブログへの投稿が久しぶりすぎてわたし自身引いているわけですけれども。
前にも書いた気がするけど、備忘録のようなものなので。独り言なので。
更新頻度は上げたいけど、無理はしない方向で…。文章を打つのは好きなんだけどなぁ。

あのー、最近ね、ノートパソコンをゲットしたのですよ。(突然の

なんでブログの更新が滞ってたかって、
うちのデスクトップパソコンのキーボードが、まーーータイプしにくいこと!!
そして部屋が寒い。暖房つけてもさ…足元冷えがちじゃん?(知らん
スマホで更新すればいいんでしょうけど、確かにスマホにブログ更新アプリ入れてあるんですけど、
わたしの場合ブログってどうしても長くなってしまいがちで、
長い文章をねー、スマホで作るのがあまり好きではなくてなー。

いや、結果すべてわたしのわがままなんですけどね/(^o^)\言い訳がひどい!

前回更新いつよ!って思ったら、まさかの夏!!しかも舞台告知!!!あかんやん…。
しかしこの度、カッコいいノートパソコンがやってきたので、
これからはまたちょこちょこがんばりたいなぁという気持ちです。…気持ちね。(笑
とりあえず、おこたやおふとんに入りながらパソコン使える素晴らしさに
感動している今日この頃です。すごい。便利な世の中。

去年の活動のあれこれとか、今年の活動についてとか、
いろいろ書きたいことはあるのですが、今日はひとまずこれにて。

近影
苦し紛れに今年のお正月に撮影したお写真を張り付けておきます。
これを撮った次の日、なかにし史上最悪サイズの口唇ヘルペスができたことをご報告しておきます。
…とてもしんどかった。しかもそんな時に限って映像のお仕事とか入るんだぜ?(笑

2019年もよろしくお願い申し上げます。良い年にしたいです。



…それにしてもこの今更感、しびれる。知ってる?もうすぐ2月やで??
byなかにしみなみ
  • Comment:0

ガラスのスニーカー『王子様と7人のシンデレラ』

9月の2週連続舞台出演!2本目はこちらの舞台\(^o^)/

fc2blog_20180826014226207.jpg fc2blog_2018082601422596d.jpg
ガラスのスニーカー第2回公演『王子様と7人のシンデレラ』
脚本・演出 井原一樹

2018年9月13日(木)~9月16日(日)@ザムザ阿佐ヶ谷

むかしむかし、あるところに、みんなが幸せに暮らしている国がありました。
そこの王子様のお嫁さんを国民から探すことになりました。
国中の女性が集められた舞踏会で王子様が踊った女性はガラスの靴を落としていきます。
その持ち主を探したところ、国中に7人もいました。
さぁ、王子様と踊ったガラスの靴の持ち主は誰だったのでしょうか。

○キャスト(順不同)
山本真夢
笠原千尋
石井春花
柳瀬晴日
林千浪
国友愛佳
加々見千懐
重清もも子
中西みなみ
松岡香里
髙木英理香
たつや優
石原菫

○日程
9月13日(木)19:30~
9月14日(金)14:30~/19:30~
9月15日(土)14:00~/18:00~
9月16日(日)13:00~/17:00~

○劇場
ザムザ阿佐ヶ谷
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21 (JR中央線・総武線 阿佐ヶ谷駅 北口より徒歩約2分)

○チケット
前売り券4000円
当日券4500円
(日時指定・全席自由席)

✳︎なかにし扱い予約はこちらから!
https://www.quartet-online.net/ticket/y10hjmy?m=0jefbgf

☆2週連続観劇特典、あります!!☆
前週9/5からの、BIG MOUTH CHICKEN 三井座 『ここにいる!?』もなかにし扱いで
ご観劇くださった方には、たいしたものではないのですが…粗品をご用意させていただきます!!
『王子様と7人のシンデレラ』の終演後、なかにしまでお声をかけてくださると嬉しいです♪
(終演後、なかにしにコンタクトを取れないかもしれない方は一度ご相談ください!)

昨年の旗揚げ公演『かいじゅうたちのいるせかい』に引き続き、今年も出演させていただきます♪
続投メンバーがわたし以外にもちらほらいらっしゃるので、
お久しぶり!と、初めまして!が入り乱れた現場です(^∇^)
前週のBMC三井座さんとはまたひと味もふた味も違うなかにしをお見せできると思います♪
…そこそこサイコパスな役です!とだけ、ここに記しておこう。(笑

本当はBMC三井座も、ガラスのスニーカーも、どちらも観に来てほしいけれど、
お仕事などのスケジュールとか、お財布の事情とか、ものすごーーーーーく!わかるので、
どうぞ無理のない範囲で、どちらかだけでも構わないので、
なかにしに逢いに来てくださったら嬉しいなぁ。まぁ本音のオススメはダブル観劇だけどね!!(笑

どうぞよろしくお願いいたします☆
byなかにしみなみ
  • Comment:0

BIG MOUTH CHICKEN produce vol.15 三井座 三回目 『ここにいる!?』

2018年秋のなかにしは頭のおかしいスケジュールを組んでしまいました…。
9月は2週連続公演です!(ちなみに9月10月で3本の舞台に出演させていただきます…!)

まずは9月6日からのこちら♪

fc2blog_20180722114536c98.jpg fc2blog_20180826014217d14.jpg
BIG MOUTH CHICKEN produce vol.15 三井座 三回目
『ここにいる!?』
脚本・演出 三井伸介

2018年9月5日(水)~9月9日(日)@上野ストアハウス

幼いころに遭った事故をきっかけに霊感体質になってしまった青年【霊児】
見えるはずのないものが見え、聞こえるはずのない声が聞こえてしまう彼のまわりに
集まってくるのは、ちょっと変わった友人と、かなり訳ありな者たち。
そんなやつらに翻弄されながらも、自分の能力を受け入れ、明るく生きる霊児なのですが、
そんな彼にも悩みがありました。
それは物心ついた頃から度々見るようになったある夢にうなされること。
真っ暗闇にひとり、じっと誰かに見られているような夢…

それはただの夢なのか?
それとも彼の記憶の中にあるものなのか?

運命に導かれるように繋がっていく夢と現実。

彼のまわりに集まる者の正体は?
霊児の遭った事故の真相は?

そして、夢の中の誰かとは…

【出演】
(両チーム出演)
冨澤十万喜(BIG MOUTH CHICKEN)
伊東秀悟(BIG MOUTH CHICKEN)
古堂たや(高岡事務所)

(Aチーム)
近藤大稀(MERONPANFACTORY)
絹川麗(トゥフロント)
牧野亜希子(Ahwooo)
野町祐太(チョコレイト旅団)
米倉啓
佐竹麻希(ごきげん一家)
吉川元祥
岡拓行
折原陽子(TWIN PLANET)

(Bチーム)
大熊祐我
藤田勇人
鈴木ゆか
根本こずえ(東京AZAЯASHI団、演劇ユニットG.com)
白井サトル(望創族、Area31)
羽根光祐
松前えみ
中西みなみ ←ここにいます(゚∀゚)
塚本あい

【タイムスケジュール】
※なかにしはBチーム公演にのみ出演させていただきます!

9月5日(水)
14:00~ Aチーム公開ゲネプロ
19:00~ Aチーム

9月6日(木)
14:00~ Bチーム公開ゲネプロ
19:00~ Bチーム

9月7日(金)
14:00~ Aチーム
19:00~ Bチーム

9月8日(土)
13:00~ Bチーム
18:00~ Aチーム

9月9日(日)
13:00~ Aチーム
17:00~ Bチーム

※客席開場は30分前、ロビー開場は60分前になります。

【劇場】
上野ストアハウス
東京都台東区北上野1-6-11 NORDビルB1 (JR上野駅 入谷口から徒歩約5分)

【チケット】
前売 4000円
当日 4500円
公開ゲネプロ 3500円
セット割引 7000円(振込のみ)
リピート割引 3000円(半券提示)

✳︎なかにし扱い予約はこちらから!
https://www.quartet-online.net/ticket/bmcp15?m=0befcfb

※どちらの公演も観たい!という方は是非セット割引をご利用ください!
しかしセット割引のみ、予約フォームが使えません…そして事前振込のみとなりますm(_ _)m
ブログへのコメントやツイッターのDM・リプなどでなかにしまで直接ご連絡ください。

☆2週連続観劇特典、あります!!☆
翌週9/13からの、ガラスのスニーカー『王子様と7人のシンデレラ』もなかにし扱いで
ご観劇くださった方には、たいしたものではないのですが…粗品をご用意させていただきます!!
『王子様と7人のシンデレラ』終演後、なかにしまでお声をかけてくださると嬉しいです♪
(終演後、なかにしにコンタクトを取れないかもしれない方は一度ご相談ください!)

以前、あまみゅ☆カンパニーさんの『ファーフンズン!』で共演させていただいた
三井伸介さんが脚本・演出を。
そして主演は、こちらもあまみゅ『TOY!TOY!TOY!』で共演させていただいた大熊祐我さん!
なかにしは…これまでにやったことのないことにチャレンジしたりしておりますので、
もしかしたら大変レアなものが見れるかも?!な公演になっておりますヽ(´∀`)ノ
是非、上野ストアハウスまで遊びにいらしてくださいませ。よろしくお願いいたします!
byなかにしみなみ
  • Comment:0

AURYN『おさなごころのきみ』を振り返る。

fc2blog_20180601160124cf1.jpg fc2blog_20180601160127b67.jpg
AURYN『おさなごころのきみ』についての振り返り。
終わったのがついこの前だからってのもあるけど、それにしても長くなってしまった…。

まず、主宰のななせさんから初めてお話をいただいたのが去年の12月頭のことでした。
ななせさんとは去年9月のズッキュン娘でご一緒して以来だったので、まさかのお話に、
「そのLINE、宛先合ってますか?わたしでいいんですか?」みたいな返信をしたのを覚えています。(笑

AURYNという団体の、旗揚げ公演。まだ何もないところからの、最初の1歩。
客演側からすると、旗揚げ公演ってとても未知なんですよね。だって、前例がないから。
わたしもこれまで何度か旗揚げ公演へのオファーをいただいて、出演させていただいたことはありますが、
その度に「賭け」みたいな部分はあって。正直な話、当たるときもあるしハズれるときもあるのよね…。
だから今回も、ちょっと悩みました。今年は舞台数を少し抑えようと思っていたのもあったし。

で。いろいろ考えて、結果オファーをお受けしたんですけど、いやぁ…正解だったなー!!(笑

改めまして。
AURYN『おさなごころのきみ』ご観劇くださったみなさま、応援してくださったみなさま、
お力を貸してくださったスタッフのみなさま、共演してくださった役者陣、そして主宰のななせさん、
本ッ当にありがとうございました!!!
いくら感謝しても全然足りないくらい、いろんな想いをいただいた公演になりました。
こんな感覚、ちょっと久しぶりです。他の現場が悪いわけではないし、比較するつもりもないのですが、
今回は本当に…なんかすごかった。(語彙力が…地獄……!)

観に来てくれたお客さまからあたたかいご感想をたくさんいただけた公演でした。
「今まで観た舞台の中でいちばん良かった!」って言ってくれた友人もいたし、
「この作品ならもう1回観たい!」って言ってくれた上司(笑)もいたし、
「演者のレベルがみんな高くてすごく面白かった!」って言ってくれた妹もいたし。(笑

…これは余談ですが、実はわたしの妹しかわからないネタをひとつこっそり仕込んでおりました。
ちゃんと気付いてくれてて、超笑ってくれた。最初からクライマックスだったって言ってくれた。(笑

ツイッターでのご感想もたくさん拝見させていただきました。ありがとうございます!!
嬉しくて、ひとりでにこにこしながらいいねしまくってしまった…!
まぁ悪い感想はあんまり言わなかったり、ツイートしなかったりってのはもちろんあると思うのですが、
それにしたってね。終演後のお客さまの表情がみなさん概ね穏やかだったから。
それだけで嬉しかったです。なにかひとつでも感じてもらえていたら、これ幸い!

osanagokoro242w.jpg osanagokoro426w.jpg
今回なかにしは「古川月子」という役を演じさせていただきました。
明るくて、社交的で、オシャレで、寂しがり屋で、ちょっとガサツで、飲み会好きな、整形美人。

……そう、整形しているっていう設定。

台本をいただいて、すぐみんなで台本を読んだんですけど、マジでびっくりした。
ななせさんから「当て書きしてる部分もある」みたいなお話を伺っていたので、
どんなんやろ~?と思っていたら、予想を上回るまさかの設定。
読み合わせ終わった後「いや、わたし整形してねーわ!」って思わず言っちゃったもんね。(笑

この設定の役をわたしがやるって大丈夫なんかなって、正直不安でした。
だって、整形してたらもっと美人であるはずだ!!!!って思ったから(^_^;)
「趣味はエステとメイクです」ってセリフもあって、
あああ、どうしよう…とりあえずカラーリップを買おうってなりました。(笑
公演本番は普段のお化粧より若干ですががんばってみました。
やりすぎてケバくなるのもヤダなと思ったから、ほんとにちょっとだけだけど。
…まぁ汗かきすぎてあんまり意味なかったというオチなんですけど/(^o^)\しんどい!

月子は、全31ページ中16ページまでがとにかく忙しかったー。忘れもしない16ページ!
というのも、ななせさんの「月子はオシャレだから、シーンに合わせた服を着てほしい」という
こだわりがありまして。脚本・演出がそうおっしゃるなら、わたしは従うまでです。
やりましょう!となって、結果どうなったかというと、約90分の作品内で8回着替えました。(笑
いろんな舞台に出させていただいてきたけど、こんなに着替えたことはなかったな~さすがに!
しかも早替えが多くて。ハケて、着替えて、すぐ出る!みたいなのが前半は続きました。
全公演を通して一度もヤバい!間に合わない!!ってならなかったので、本当良かったです。
わたしの早替えなんかでこのお芝居壊してたまるかよ!って思ったから。(笑
衣装付きでやった通し稽古のときはね、間に合わなかったとこがあったんですよ。
本屋さんの制服、ワイシャツのボタンを留めてる&外してる余裕がなくて…
本番時にはマジックテープで留まるようにしてました。あれ便利\(^o^)/深夜に縫い付けたよ!

作品のいちばん最初のセリフを言うなんてこと、もしかしたら初めてだったかもしれません。
忘れるぐらいはるか昔にあったかもしれないけれど(笑)近年なかったと思います。
思えば、AURYNのはじまりの第一声、わたしだったんだなぁ…。
いやこれ本番中に気付かなくてよかったやつだ!あっぶねー!!!

共演者のみなさまにも、とにかく恵まれた公演でした。みんな好き。大好き♡
楽屋でずっと喋ってたりとかはなくて、なんなら楽屋は超静かだったし、
一緒に写真撮ったりとかも全ッ然なかったんだけど(笑)なんだろ…多分、居心地が良かったんだと思う。

fc2blog_20180602024227020.jpg osanagokoro28w.jpg
あああ、掲載させていただいている劇場でのお写真はふくしまけんたさんによるものです。
キービジュアルも撮っていただいたのですが、いやぁ…素敵なお写真の数々にひたすら脱帽であります!
ゲネ写真なんかね、誰よりも汗びっしょりになりながらひたすら撮影してくださったのですよ。
公園で撮影していただいたキービジュアルはブロマイドとして物販でも販売されました。
買ってくださった方、たくさんいらしたようで…ありがとうございます!
ちなみにわたしは、自分のパソコンの壁紙をキービジュアルの集合写真に設定しました最高です。(笑

osanagokoro437w.jpg
佐出岳@海田眞佑さん。
楽屋でかわいい動物動画を観てはにこにこしてた眞佑さん。(笑
お芝居への熱さがすごい。ご自身も自分の団体を持っていらっしゃるからってのもあるかもだけど、
ななせさんへの助言がいつも的確で、すごいなぁって思っていました。
毛利店長との最後のシーンのアドリブ、おもしろかったなぁ。袖からいつも覗いてた♪
あと、打ち上げを海田バーでやらせてくださったのですが、ご自身ももちろん疲れているはずなのに
そんな素振りを一切見せずおもてなししてくださいました。とても楽しい打ち上げでした!感謝!!

osanagokoro415w.jpg
相浦優@松本真菜実さん。
お稽古のたびに何かしら新しいことをぶち込んでくるまなみちゃん。
そして随所にかわいらしさとかっこよさをバランスよく入れ込んでくるナイスガール。
特に酔った相浦さんのかわいらしさ、最高でしたね!わたしは毎回楽しく振り回されてました。(笑
ねこクッションを多用してくださったのも、とても印象的でした。
しかしまさかヤマダ(水色のねこクッション)に台詞を与えるとは…!さすがだった!!

osanagokoro507w.jpg
毛利守@林剛央さん。
実は舞台監督も兼任されてて、この公演中いちばんお忙しかったのはたぶん林さん。本ッ当に感謝!
楽屋での「これは衣装ですか?」という自問自答シリーズが大変なんでやねんでした。(笑
あと、本番前に手を合わせて「すべてうまくいきますように。」とおっしゃるのが、
年上の方にこんなこと言うのごめんなさいなんですけど、とてもかわいらしかったです。
レンタカーの返却に同行したとき、警察車両や交番を見るたびに「わー!けいさつだー!」って
言ってたのもすんごいかわいかったです。この座組でいちばんかわいかった説、ある。

osanagokoro112w.jpg
有馬佑@サトモリサトルさん。
パンが好きで稽古場でもよく食べるって伺った次の稽古でおにぎり食べてたのが衝撃的でした。(笑
独特の空気感を持ったサトモリくんには何度笑わされたことか…!あんなん我慢できねぇよぉ!!
有馬くんは、サトモリくんが演じたからこそ素敵に輝いたといっても過言ではないと思っています。
最後、馬場ちゃんと握手してからの「いってらっしゃい」の優しさよ!菩薩だったぁぁぁ!!!
あと、壁が開くシーンは裏で彼がしんどい体勢で毎回開けてくれていました。腰、大事にしてね!!

osanagokoro478w.jpg
馬場本麗愛@森かなみさん。
彼女にはいっちばんお世話になりました。とても気遣いができて、お芝居に対してとてもストイック。
公演終わるまではずっと、お芝居中以外もほとんど馬場ちゃんでいたんだと思う。
打ち上げで久しぶりにもりちゃんに会ったって感じたものね。
あ、そうか。もりちゃんは普段はしゃべる子だったんだ!って。(笑
稽古終わりでLINEくれるのも、わざわざわたしに許可取ってまでして(笑)タメ口使ってくれたのも、
全部ぜんぶ嬉しかった!もりちゃんのおかげでわたしは月子になれた部分もありました。ありがとう!

osanagokoro884w.jpg
そして脚本・演出、AURYN主宰@窪寺奈々瀬さん。
演出してると、気付いたら席を立っているななせさん。(笑
稽古中うまくいかないシーンも多々あって、きっとたくさん悩ませてしまいましたよね。ごめんなさい。
あなたの理想にできるだけ近づきたくて、とにかく善処したけど…あれが今のなかにしの限界でした。
わたしにもっと実力があれば、月子は更に魅力的なキャラクターになれたのかもしれない。
いやまぁ、今更なに言っても遅いんだけどさ…。
でもね、たくさんのご感想の中に「月子良かった!」っていうのも多々あって、
これは紛れもなくななせさんのおかげなのです。あんなにほめてもらえること、滅多にない!
わたしに月子を任せてくれて本当にありがとうございました!not悪役、楽しかったです!!(笑

登場人物、6人。男性3人・女性3人という構成。
わたしが以前、養成所の同期と組んでいた「チームからふる!」と同じメンバー構成なんですよね。
だから、ものすごい勝手ですけど、ちょっとした懐かしさみたいなものを感じていました。
ななせさんが「旗揚げ」という、大切で気合いの入った公演のために揃えた6人。
その中にわたしを入れてくれたことがとても嬉しかったです。本当にありがとうございます。
また呼んでほしいと心から思いました。それこそ制作でもいいから呼んでって言ってあります。(笑
そりゃあ役者で関われることがいちばん嬉しいけど、それはそのとき上演する作品にもよるからさ。

あ、制作で思い出しましたが、当日制作としてお手伝いに来てくださったみなさまにも心からの感謝を!
わたしの知り合いからは、チームドラフト4位の主宰、松下さんがお手伝いくださいました。
当日制作募集のツイートをリツイートしたら、松下さんからご連絡くださったのです。ありがてぇ…!
秘密の差し入れ(笑)もいただきまして…あれはテンション上がったわー!本当ありがとうでした!!

制作面ではわたしもほんの少しだけお手伝いさせていただきました。
これはわたしのおせっかいだったのですが、ちょっとだけでもお力添えしたかったんですよね。
お客さまにも、ななせさんにも、共演者のみんなにも、喜んでほしかったというただの自己満足です。

fc2blog_201806020226564c3.jpg
AURYNの缶バッチ。デザインは真ん中にロゴを置くだけなので一瞬で終わったのですが、
カラーバリエーションに悩んで、最終的にはキャスト陣を巻き込んでこのお色に決めてもらいました。
特に水色がねー、理想通りに出てくれて。
缶バッチの発注するの初めてだったけど、うまくいって良かった!買ってくださった方、ありがとう!!

osanagokoro05w.jpg fc2blog_20180602022813132.jpg
こちらは小道具兼アンケートを書いてくださった方へのプレゼントだった、是庵堂書店のブックカバー。
うっかりデザインからお任せいただいていたのですが、
凝ったデザインは時間的にも技能的にも無理だとわかっていたので、
線を並べたりしてなんとなくそれっぽくしてみたやつと、
思い切ってAURYNのロゴを前面に押し出してみたら思いのほかそれっぽくなってひとりでテンションが
上がったやつの2種類をご用意。(笑
みんなにどっちか選んでもらおうと思っていたら、どちらも採用されました。みんな優しい…!!
ちなみに線を並べたデザインのやつですが、横のラインは7本。ななせさんと客演陣、合わせて7人ね。
そして縦のライン2本は、照明の伊藤さんと、音響の久郷さん。支えていただきました。
真ん中にはお客さまやお力添えいただいたみなさまの代表としてロゴを。
ありきたりなデザインだけど、想いだけはちゃっかりこっそり乗せてみました。
持って帰ってくださる方が思ってた以上にいらして、2日目が終わった時点で在庫が終了。
翌日増刷したのでした。みなさん使ってくださってるのかしら?嬉しいなぁ(*≧∪≦)

お写真_180530_0471
そしてこちら。チケットはしおり型にしてお配りしました。
ななせさんの案で、本屋さんが舞台だしチケットをしおりにするの良くないか!となりました。(笑
大方のデザイン案や使用したいフォントはななせさんから伺っていたので、
わたしが担当したのは素材の配置と印刷と裁断くらいなもんですが。
銀の鍵は、実際に使用していた鍵を写真に撮って加工し、配置しました。いい感じになってよかった!

…え、ちょっと待って。こんな長い記事、誰が読むの?!
マジでわたしの備忘録じゃん…まぁいいか……この公演のこと、忘れたくないし…!

長々と書いている割には全然まとまってなくて本当ごめんなさいって感じだけど( ノД`)
fc2blog_20180602023526214.jpg
AURYN『おさなごころのきみ』は無事に終演して、座組は解散となりました。
みんなそれぞれ、さらにいろんな現場で活躍していくことでしょう。
どうぞ今後もこのメンバーを応援してくだされば幸いです。みんな、本当すごい人たちなんだから!
そしていつかまたご一緒できる日が来ればいいなぁなんて、なかにしは思っています。
osanagokoro282w.jpg osanagokoro520w.jpg
osanagokoro146w.jpg osanagokoro722w.jpg
osanagokoro794w.jpg osanagokoro874w.jpg
あ~、本当に終わっちゃったんだなぁ。さみしいなぁ。。。